にいがた食の陣

facebook twitter LINE MAIL
メニュー
  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • 言語

当日座とは当日座とは

冬恒例の食の祭典 にいがた冬食の陣 「当日座」冬恒例の食の祭典
にいがた冬食の陣 「当日座」

新潟市内の4つの会場では、食の陣オリジナルのあったか鍋のほか、糸魚川の「ブラック焼きそば」、佐渡の「ブリカツ丼」、柏崎の「鯛茶漬け」など、県内各地のご当地B級グルメや、ホテルのシェフが腕をふるう丼や鮨屋の職人が握る鮨、バーテンダーが作る食の陣オリジナルカクテルが登場します。
新潟のうんまいもんが大集合する2日間です!!

 

2017年

toujitsuza_2017_01


toujitsuza_2017_01

toujitsuza_2016_01

 

第25回 にいがた 冬 食の陣「当日座」を、2月11日・12日の2日間、古町会場の5番町・6番町・7番町、万代シテイ、ピアbandai、新潟ふるさと村の市内4会場にて開催しました。

25 回目を迎えた新潟の食の一大イベント「にいがた冬食の陣」。そのメインとな る「当日座」は、25 周年を記念して「米王国=米文化=米の陣」がテーマに。 新潟県がコシヒカリに並ぶブランド米として開発した新品種「新之助」のおにぎりや米こうじの甘酒、つきたて餅の振る舞い(すべて各日数量限定)など米に関する催しが満載。 ほかに、各会 場自慢のオリジナル鍋や新潟県内各地のご当地グルメなど、さまざまな食の屋台が出店しました。

 毎年出店の人気店のほか、25周年を記念して12年ぶりに復活した「真鱈の白子汁」など、県内の絶品グルメが登場。毎年根強い人気の親父の握り寿しや、日本酒カクテル「結」などをご用意し、来場者の皆様にもご好評いただきました。

動員数は市内4会場2日間で248,300人となりました。

2016年

toujitsuza_2016_01
中面



IMG_4434

約73店舗が出店し、県内の“おいしいもの〟が集まる 第24回「にいがた 冬 食の陣“当日座〟」を、2月13日・14日の2日間、古町会場の5番町・6番町や万代シテイ・ピアbandai・新潟ふるさと村など4会場で開催しました。
 新潟市内の4つの会場では、食の陣オリジナルの「あったか鍋」のほか、県内外からのご当地グルメやホテルのシェフが腕をふるう「ホテルグルメ」、鮨屋の職人が握る「親父の握り寿司」、バーテンダーが作る「食の陣オリジナルカクテル」も登場しました。

 柏崎鯛茶漬けや本場糸魚川の「ブラック焼きそば」、にいがた食の陣オリジナル「南蛮海老焦がし味噌ソース焼きそば」など、県内の絶品グルメが登場。毎年根強い人気の親父の握り寿しや、日本酒カクテル「遙」など多彩なメニューをご用意して、来場者の皆様にもご好評いただきました。

動員数は2日間で251,800人となりました。

2015年

2015年2月、23回目を迎えた新潟の食の一大イベント にいがた 冬 食の陣「当日座」が開催されました。
第23回のテーマは「新潟の和み(なごみ)」としまして、そのテーマの基に、昔懐かしい「学校の給食」を古町、万代シテイ会場の2ヶ所で限定販売しました。昭和30年代から40年代に人気の高かった学校給食の献立から、ソフト麺、揚げパンなどを提供しましたが、完売がでるほど人気メニューとなりました。
また、古町会場、万代シテイ会場、新潟ふるさと村会場、ピアBandai会場の4会場でおこなわれ、糸魚川の「ブラック焼きそば」、佐渡の「ブリカツ丼」、柏崎の「鯛茶漬け」、出雲崎の「さざえ炊き込み御飯」など新潟のご当地グルメを提供しました。
第23回は、古町6番町で「新潟春節祭」も同時開催され、グルメや手工芸体験をはじめ、中国武術や獅子舞、雑技、茶芸、変面、民族舞踊、楽器演奏の披露されました。
動員数は2日間で昨年よりも約30%多い243,907人となりました。

  • 東アジア文化都市2015新潟市
  • うまさぎっしり新潟
  • にいがた食の陣 Facebook
  • にいがた食の陣 twitter
  • スマートフォンサイトQRコード
食の陣実行委員会
〒950-0853 新潟県新潟市東区東明3-10-1 「にいがた食の陣実行委員会」委託事務所 (株)オフィスワン内
月曜~金曜・午前9時~午後5時
TEL:025-286-9112025-222-6667 / FAX:025-286-4813
メール:niigata@shokuno-jin.comniigata@shokuno-jin.com

Copyright(C) 食の陣実行委員会 All Rights Reserved.

ページの先頭へ